スポンサーリンク

自己啓発に疲れた人が読むブログ

大きな声では言えないことを書きます。

なぜ就活で「リーダー経験が求められるのか」についての考察①

スポンサーリンク

 

 

 

就活もそろそろ下火の時期ですね。

 

複数社受けるのが当たり前になった昨今、

採用ページによく載っている単語の中に

 

【リーダー経験】

 

というのがあります。

 

面接でも上記に関連すること聞かれませんでしたか? 

 

そんなにリーダースキルのある人ばっかり集めてどうするの?

 

実際に入社してからリーダー格になるにはそこそこ時間がかかります。

 

その後も、全員が全員リーダーになる訳ではないし・・・。

 

 

 

■企業が本当に欲しいのは・・・。

 

企業サイドからすると、別に全員リーダー格になることを見据えて

リーダー経験のある人間を雇っている訳ではありません。

 

大事なのは、

「リーダーの大変さを知っているか」

「リーダーのフォローが出来るか」

 

という点にあります。

 

 

 

中学や高校の文化祭を思い出して下さい。

 

教壇で学級委員長とかクラスのリーダーが前でどれだけ話しても聞かない人とか、行事に非協力的な人、いませんでしたか?

 

ふざけている人自身は特にふざけている自覚はありません。

興味がないだけなのです。

 

しかし、前に立っている人からするとイライラの元凶でしかありません。

 

 

人の前に立ってそのイライラを経験すると、

自分がついていく側になった時に、リーダーの気持ちが分かります。

 

これこそ企業の望んでいる

「リーダーの大変さがわかる人」

なのです。

 

 

 

その点を考慮すると、リーダー経験が無くても

前に立っている人間をフォローする能力があれば

別にリーダー経験が必要ないかもしれませんね。

 

そもそも、就活の為に自分のやりたくない事を

しようとする時点で時間の無駄です。

 

自分が本当にやりたい事をし続ければ、

それだけで大きな糧になります。

 

周りの意見に流されてフラフラせずに、

一度一人でよく考えてみて下さい。

 

考えずとも、1人でボーっとするだけでもいいです。

 

「〇〇さんがやってるから・・・。」

「△△やってないの私だけだし・・・。」

 

といった基準を自分以外に置いてしまうと、

あなたは代替性の高いヒトになってしまいます。

別にあなたじゃなくてもよくね・・・?

みたいなことになりかねません。

 

自分の意見をもっと大事にしてみて下さい。

 

 

 

こんなに偉そうに言っていますが、

私は集団行動不適合者なのでリーダー性も、

リーダーをフォローする力も皆無です。

 

適材適所!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク