スポンサーリンク

自己啓発に疲れた人が読むブログ

大きな声では言えないことを書きます。

長時間働いている人は果たして偉いのか

 

ホワイトな会社であっても、ブラックな会社であっても、

『普通の人より長時間働く人』

あなたの近くにいませんか?

 

『ドイツでは~』とか、『国際企業では~』みたいな

周りの物差しを使うのはなしで、単純にどのように感じますか?

 

 

 

『人より頑張っている、えらい!』

『他の人ならもっとスグ終わるのに・・・』

とうとう、評価はまちまちだと思います。

 

古い体質の組織程、前者の感想が多く、

若い人が多い会社だと後者の感想が多いのではないでしょうか。

 

周りからの評価はともかく、長く働いてる人にもそれなりの理由はあります。

 

 

 

①仕事を生き甲斐にしている

このパターンなら周りは放っておいて良いです。

『キツイけど頑張ってる俺・・・良い!』ってなってます。

一人で気持ち良くなっていますが、周りから心配されたりちやほやされると

もっと頑張ります。

上手く使いましょう。

 

 

 

②帰る場所がない。帰りたくない人。

一人暮らし男性、もしくは家庭が上手くいっていない男性など。

『家に帰ってもなあ・・・。』

ってなってる人達です。

特に感想はありません。

 

 

③単純にどんくさい人

周りがサポートすべきはこのタイプの人です。

放っておくと〇にます。

 

仕事の拘束時間が長くても、よっぽどではない限り人〇にません。

(※残業時間数百時間・・・とかはよっぽどです。)

しかし、いくら自分が頑張っても結果が出なかったり、周囲から評価されないと

肉体的な負担以上に精神的な負担が大変なことになります。

 

仕事のサポートをしてあげても良いですし、場面によっては辞めさせるのもお互いの為かもしれません。昨今なら仕事は探せばあります。

(※恫喝はダメです)

 

 

 

色々言いましたが、長時間働いている人間がもてはやされる時期はもう終わった気がします。

 

資本主義真っ只中ですが、

そろそろ人間らしい生活ができるような時代が来ればいいですね。