スポンサーリンク

自己啓発に疲れた人が読むブログ

大きな声では言えないことを書きます。

残業時間が100時間を超えると生じる3つの変化。

 

残業、問題になっていますよね。

 

一部上場企業企業でない限り、社内に自主浄化作用なんて物は

存在しません。

 

賢い中小企業の経営者は

『みなし残業』という非常に便利な制度のおかげで、

残業代も払わないで済んでいます。

(※ロジックが大事なので、採用したい経営者の方は社労士に相談して下さい。)

 

 

 

私も2017年11月~2018年3月、めでたく5カ月間連続100時間を

超えました。

 

(一応)土日休みなのでOFFの日はありますが、

平日は08:00~22:00という感じです。

 

もっと凄い人は腐る程いるので、詳しい事は割愛します。

 

人間の構造上、1日の大半を仕事で過ごすという風にはなっていないので、

勤務時間が増える程体にも変化が起こってきます。

 

きっと体が出しているサインなので、いくつかご紹介します。

 

 

 

【①性欲が増す】

 

 一番不思議です。

 

『このままじゃちぬ!せめて子孫残さないと!』

ってなるんでしょうね。

 

本体はクタクタなのに、息子だけギンッギンになります。

気持ちに反して暴走し始めるので、

 鎮めるのが大変です。

 

気持ちと息子のバランスが乖離し始めたら

疲れている証拠なので気をつけましょう。

 

満員電車でwake up状態になると最悪です。

 

 

 

【②テンションが高くなる】

 

今度は体調とテンションが乖離してきます。

 

クタックタなのに、やたら元気。

 

社畜ハイ』の到来です。

 

これを『やりがい』とか『生きる理由』

みたいなクソ解釈し出す上層部がいるともうアレです。

 

しばらくは元気ですが、気持ちスイッチが切れた瞬間に

気付かないフリしてた疲れが一気に来るので危険です。

 

『勤務時間長いけど、元気だから案外平気なのでは?』

と考え始めたら注意です。

 

 

 

【③休みの日の過ごし方が分からなくなる】

 

一番最悪の状態です。

 

『久しぶりの休みだけど特にやる事ない・・・

 仕事溜まってるか職場いくか・・・』

 

状態です。

 

何の為に仕事をしているか分からなくなります、

辞めましょう。

 

 

 

新入社員人の皆様は上記記載されている内容の意味が

分からないかと思います。

 

出来れば分からないままでいて頂くのが一番です。

 

自分の職場で当たり前に行われていることが

必ずしも社会全体で当たり前だとは

限りません。

 

命大事にいきましょう。