スポンサーリンク

自己啓発に疲れた人が読むブログ

大きな声では言えないことを書きます。

『ハラスメント』ハラスメントになっていませんか。

 

f:id:tukaretamarcy:20180503165025p:plain

 

セクシャルハラスメント

パワーハラスメント

モラルハラスメント・・・。

 

各種報道機関が有象無象に生み出す造語も相まって、

世の中はハラスメントまみれです。

 

あなたが他者にハラスメントを指摘する際、

本当に『行為』に対して指摘していますか?

 

 

 

 

■結局、『その人自身』が嫌いなだけでは?

 

学生しかり、社会人しかり、フリーターしかり。

何かしらの組織・集団に属して生活していると思います。

 

群れて生活している以上、ノートラベルという訳にはいきません。

言われたくない事・されたくない事、あるはずです。

 

でも、

『Aさんに言われても平気だけど、Bさんに同じ事言われると腹立つ・・・』

『Aさんにされても何とも思わないけど、Bさんに同じ事されると不愉快・・・』

みたいな事、ありませんか?

 

嫌な言動を世間では俗に

『〇〇ハラスメント』

と言いますが、上記の場合、

嫌なのは本当に言動自体なのでしょうか?

 

その人にとって嫌なのは言動の内容ではなく、

『嫌いなBさんから生み出された』という面であり、

特に内容ではないのです。

 

Aさん(好き)『最近太った?w』

Bさん(嫌い)『最近痩せた?』

 

内容だけ見ればAさんの方がよっぽど酷い事を言っていますが、

おそらくもめるのは

『Bさんに体系に関する事を言われた!セクハラ!』

となるでしょう。

 

 

 

自分が当事者じゃなくてもそうです。

『BさんがCさんにあんな酷い事を言っていた!』

と指摘した際も、同じ内容をBさんではなくAさんが言っていれば

何も問題にはならなかったでしょう。

 

 

 

罪を憎んで人を憎まず

孔子様も仰られましたが、人間そこまでうまく出来ていません。

 

結局、憎いのは行為ではなく人自身なのです。

 

 

 

 

■じゃあどうすれば良いの・・・?

 

事象がハラスメントに該当するか否かは一個人の判断では非常に

難しいです。

個の時の人間と集団の一部としての人間は価値観が異なります。

 

広く多くの人間に協議に参加してもらうために、

『事実のみを人に伝える能力』

を養いましょう。

 

これが非常に難しいです。

自分の感情をこめずに、

■なされた行動

■なされた発言

だけを人に伝えるのは凡人にはできません。

どうしても私情が混在してしまいます。

 

協議に感想は必要ありません。

必要なのは客観的事実と確固たる証拠です。

 

自分の身は自分で守っていきましょう。