スポンサーリンク

自己啓発に疲れた人が読むブログ

大きな声では言えないことを書きます。

自分を分けて考える『分人主義』のすすめ

f:id:tukaretamarcy:20180611212718p:plain

 

『裏表が激しい』

『人によって態度が変わる』

『相手によってコロコロ変わる』

 

 

 

当たり前です

 

 

 

『自己の存在は他者によって証明される』

 

使い古された言葉ですが、間違いではないと思います。

 

あなたという1個人は単体ですが、

あなたが関係している他者の数と比例して、

あなたの存在は増殖します。

 

・親と居る時の子供としてのあなた

・会社の上司と居る時の部下としてのあなた

・友人といる時のあなた

・キャバクラにいる時のあなた

 

全て違う表情・考え方をしているはずです。

 

キャバクラにいる時と親の前にいる時が一緒だったら

むしろ引きます

 

 

 この考え方を用いると、対人の際に少し気持ちが楽になります。

『どうやったらこの人に気に入ってもらえるだろう・・・』

なんで事は考えなくてよくなります。

 

 

どういう事かというと・・・。

 

相手も同様に、対する者によって人間が変わります。

 相手が対象を気に入るか否かは

 

■対象そのものが好きか否か

 

ではなく、

■対面している時に出てくる自分が好きか否か

で判断されるのです。

 

つまり、

自分がその人にとってプラスかマイナスかは自分のパーソナリティではなく、

相手がその時の自分(相手)自身が好きかどうかによって全てが決まります。

 

そんなのに一喜一憂していても仕方ありません。

気に入ってもらえなかった時は、おそらく自分もその相手といる時の自分は

好きではないはずです。

 

嫌な相手との関係を希薄にする事によって、

その時の自分は抹殺しましょう。

 

好きな自分を増やしていけば、おのずと本体を好きになります。

 

f:id:tukaretamarcy:20180704234641p:plain

 

過度な主張は不要ですが、生きていける程度には

自分が好きな自分になりましょう。