スポンサーリンク

自己啓発に疲れた人が読むブログ

大きな声では言えないことを書きます。

人間が苦手な人間の主張。

 

皆さんは好きな生き物・嫌いな生き物それぞれいますか?

 

人によって変わってくるかとは思います。

 

私は生き物の種類として『人間』が苦手です。

 

『猫が好き』『ゴキブリが嫌い』みたいに、生物の種類単位で

好き嫌いをいいませんか?

 

それと一緒です。

 

私は生き物の中では猫が一番好きです。

 

猫と人間を比較した時によく話す、簡単な例をご紹介します。

 

普段人間が埋め尽くされている渋谷のスクランブル交差点や朝の山手線。

あれは人間が沢山詰まってるからストレスフルに感じるのです。

 

『もし埋め尽くしている生き物が人間ではなく、猫だったら・・・?』

 

スーパー幸せじゃないですか?

 

なぜ同じ環境に同じ数の生き物がいたとして、これだけ感情に違いが発生するのか。

 

自分の好き嫌いの尺度として

好き 猫 >>>>>>>>>>人間 苦手

 

だからです。

 

 

 

人間は苦手だけど・・・

 

人間は確かに苦手ですが、職場の先輩や友人が苦手な訳ではありません。

 

友人と飲んで帰る際、

「これだけ人と話して楽しかったのだから、もしかしたら人間苦手じゃなくなったのでは・・・?」

とか思った帰り電車が人間でパンパンだと、一瞬でヘイトが溜まります。

 

つまり私は『名前も顔も知らない不特定多数の人間』が苦手なんだと思います。

 

しかし、顔と名前が一致した場合は、その生き物は人間という種族での

カテゴライズではなく、『〇〇さん』という固有名詞での認識になります。

 

固有名詞での認識になった瞬間にその人に対して興味・好奇心が湧いてきます。

 

 

 

スーパーのレジや家電の販売などお客さんと一期一会の仕事はハチャメチャに向いてないですね。

 

ただ、取引先と長い付き合いができる仕事なら何も支障はありません。

 

仕事選びが重要ですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。